2006年03月31日

ポリゴンって何?

最近よくポリゴンってのを聞く事があると思う
んじゃポリゴンって何?

ゲームでも映画でもCGの画面を作るにはまず
そこに登場するものを作らなくてはならない
例えば人間や、人間が着る衣装、住んでいる家に家具
背景となる山や空、地面や海まで
あらゆる物を作る必要がある
そして物を作るためにいくつかの「材料」がある
そのうちの1つが「ポリゴン」である
それら「物」を作る作業を「モデリング」と呼び
ポリゴンでできた物を「ポリゴンモデル」と呼ぶ
ポリゴンは言ってみれば「板」である
ポリゴンモデルは「板」を張り合わせて作った「張りぼて」みたいなものである
「張りぼて」なので「カメラ」が「突き破る」と反対側にいっちゃうのである
ゲーム等でたまに、そういうのをみたことがあるかと思う

「板で球を作る」と、例えばこんな「球」ができる

poly1.JPG

う〜ん・・・
とても球には見えないね
そこで板の数を増やしてみよう

poly2.JPG

だいぶ「それっぽく」見えるようになってきた
このように、ポリゴンとは板を使って曲面に「近い」形を作って
それっぽく見せる技術なのである
ところで、最近ゲームとかを見てると上のような絵はほとんど見ませんね
↓のような絵のほうがよく見かけると思う

poly3.JPG

これはポリゴン(板)の数を増やしたのではない
ポリゴンの数自体は、最初の絵と同じ
板の「塗り方」をいかにも曲線ぽく見えるよう変えただけなのです
だから輪郭部分はカクカクしたままになる
ポリゴンは板で作っている以上はどんなに数を増やしても
カクカクに見えるのは避けられない
そのためこういう「塗り」でごまかしてるのです
この「塗り」をシェーディングと呼び、そのことはまたいずれ・・・


さて、ポリゴンとはCGで物を作るための材料の1つ言ったが
例えば他にはどんなものがあるだろうか?
代表的なものに「パッチ」という物がある
パッチとは「曲線」と「曲線」を繋げた「曲面」と言ってわかるだろうか?

poly4.JPG

黄色い部分が「曲線」で、これらを繋いで「曲面」を作っている
ポリゴンと違って最初から「曲線」でできているので
どんなにアップにしても輪郭はちゃんと「曲面」になっている

そしてパッチで球を作るとこうなる

poly5.JPG

輪郭部分も含めて綺麗に曲線になっているのがわかると思う

現在のゲームの世界ではほとんどすべてがポリゴンであり、パッチを見ることは無いと思う
ゲームでよく「ポリゴンカクカク」なんて話を聞くので
CG=ポリゴンと思っている人もいるかもしれない
それは確かに間違いなのだが
ポリゴンの使用頻度を考えると
見当はずれとは言えないのかもしれない






    
posted by Ripley at 20:58| Comment(1) | TrackBack(0) | RipleyのCG講座
この記事へのコメント
なにもの!!!!!!!!!
Posted by 雪ポン at 2006年04月12日 12:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/517209
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック