2007年02月10日

ガープの世界

ガープの世界
1982年米
製作・監督:ジョージ・ロイ・ヒル
出演:ロビン・ウィリアムス、グレン・クローズ、メアリー・ベス・ハート、グレン・クロース

第二次大戦中看護婦だったジェニーは子供は欲しいが男はいらないと思っていた
そんな時、見知らぬ瀕死の兵の上にまたがり私生児「ガープ」を産む
そうして生まれたガープの人生を描いた映画です

小説家になろうとしたガープに触発され、自らの自伝を出版するジェニー
本は大ベストセラーとなり女性解放運動のリーダーに祭り上げられる
ガープ自身も小説家になり成功を収める

妻の浮気、さまざまな「運動」や反対派の嫌がらせや狙撃等など・・
シニカルな映画だがそれを感じさせないのはロビンウィリアムスの笑顔だろうか?

「スティング」や「リトル・ロマンス」の巨匠ジョージ・ロイ・ヒルの秀作で
ロビン・ウィリアムスの出世作
posted by Ripley at 21:32| Comment(2) | 映画な日々
この記事へのコメント
ガープの世界、なつかしいw
好きなシーンがいくつもあるよ。
「ミセスダウト」はガープの世界の続きですよね。

カウンセラをしている晩年のお母さんが好きです。
もう一度みたくなっちゃったけれど、
ガープみると変に心が沈殿してしまうのでやめておくw

リプさんの映画の傾向って結構好きですよ。
かぶるところおおいしw
Posted by Sharcot at 2007年02月11日 01:12
ミセスダウト見てないけど続編なのけ?
ガープの世界は内容だけ箇条書きにしてくと
ブルーな気分になりそうだしねぇw
Posted by Ripley at 2007年02月11日 18:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。